発達障害という個性への理解と支援で可能性を引き出します。

学習障害(LD)の子の苦手タイプ別指導法

ガッツ家庭教師で勉強をはじめたお子さんたちが、どのように苦手を克服していったのか、苦手タイプ別に事例をご紹介します。



ガッツ家庭教師のサポート体制

コンサルティング

発達障害の特徴は十人十色で、支援の仕方も様々です。ガッツ家庭教師は、事前にお子様の情報を頂き作成したアセスメントシートをもとにコンサルティングを実施しています。コンサルティングを経て、どのような授業展開や指導方法が最適なのかを総合的に判断し、ピッタリな学習プランをご提案いたします。

オリジナル冊子
「発達障害を学ぼう」

冊子「発達障害を学ぼう」を配布しております。学習障害をはじめとする発達障害への理解促進と支援のサポートのためにお役に立てれば幸いです。

発達障害を学ぼう

セミナーなどの情報公開

発達障害センターや東海圏で開催されるセミナーなどの情報のご紹介を行っております。ご興味のある方はこちらまでどうぞ。

教材やツールの紹介

ガッツ家庭教師の指導はお子さんのお手持ちの教材で指導していますが、希望される方には、それぞれニーズに合わせて楽しく理解ができる補助教材・補助ツールなどのご紹介も行っております。

歴史人物カードゲーム 丸型分数説明器 ポケットスタディ九九 カラフルマスキューブ 都道府県トランプ

お客様の声

学習障害のお子さんを持つお客様

PDF1

岐阜県各務原市 高校3年生 男子

ガッツ家庭教師は、うちの子どものように学習障害児の子どもたちへの対応のために教師の方々が学んでいらっしゃるというのを聞いていたので、家庭教師をお願いするならガッツかな?と思っていました。以前は受験生だというのに、筆記用具も持たずただ本の字を追うだけの学習方法でしたが、少しずつですがノートに問題を解く勉強のやり方に戻ってきたように思いま

PDF2

愛知県名古屋市 中学3年生

不登校で2年近く勉強から離れている事、LD、発達障害がある事、主人と私の子供への対応に違いがある事等、すべて親身に聞いて頂き、専門的な立場からサポートが頂ける安心感をもらいました。


他のお客様の声はこちらからご覧いただけます。



お子さんの苦手チェック

発達障害とは

発達障害とは、学習障害(LD)など、脳機能の発達に関連する障害です。発達障害は脳の機能のアンバランスが原因であり、決して「育て方が悪い」とか「心の病」、「愛情不足」ということではありません。
発達障害は外見から障害がわからない上に、特性のあらわれかたには偏りがみられるため、障害と気づかれないケースが少なくありません。まずは、そのような子どもたちの「困っている」状態に気づいてあげることが大切です。すべての支援はそこから始まります。

オンライン苦手チェック

質問項目   0123
聞く 聞き間違いがある(「知った」を「行った」と聞き間違える)                           
聞きもらしがある                           
個別に言われると聞き取れるが、集団場面では難しい                           
指示の理解が難しい                           
話し合いが難しい(話し合いの流れが理解できず、ついていけない)                           
話す 適切な速さで話すことが(たどたどしく話す。とても早口である)                           
ことばにつまったりする                           
単語を羅列したり、短い文で内容的に乏しい話をする                           
思いつくままに話すなど、筋道の通った話をするのが難しい                           
内容を分かりやすく伝えることが難しい                           
読む 初めて出てきた話や、普段あまり使わない語などを読み間違える                           
分中の語句や行を抜かしたり、または繰り返し読んだりする                           
音読が遅い                           
勝手読みがある(「いきました」を「いました」と読む)                           
文章の要点を正しく読みとることが難しい                           
書く 読みにくい字を書く(字の形や大きさが整っていない。まっすぐに書けない)                           
独特の筆順で書く                           
漢字のこまかい部分を書き間違える                           
漢字のこまかい部分を書き間違える                           
限られた量の作文や、決まったパターンの文章しか書かない                           
計算する 学年相応の数の意味や表し方についての理解が難しい(三千四十七を300047や347と書く。分母の大きい方が分数の値として大きいと思っている)                           
簡単な計算が暗算できない                           
計算をするのにとても時間がかかる                           
答えを得るのにいくつかの手続きを要する問題を解くのが難しい(四則混合の計算。2つの立式を必要とする計算)                           
学年相応の文章題を解くのが難しい                           
推論する 学年相応の量を比較することや、量を表す単位を理解することが難しい(長さやかさの比較。「15?は150?」ということ)                           
学年相応の図形を描くことが難しい(丸やひし形などの図形の模写。見取り図や展開図)                           
事物の因果関係を理解することが難しい                           
目的に沿って行動を計画し、必要に応じてそれを修正することが難しい                           
早合点や、飛躍した考えをする                           

このページの先頭へ戻る